プロフィール   こちょこちょのサイト   カテゴリー   これまでの記事   最近の記事   OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.05.31 Thursday

水中エンジン


1トンの水の中に浮かぶ、エンジン。
SUBARU・サンバーのエンジン。

「じゃ、動かしますね。」と言って脚立の上に。

「あれ、冷たいのかな。ごにょごにょ、、、。」  ブルルン!!



大きな鉄のかたまりが、

水中でブルブル揺れながら泡を出している。



管を伝って、排気が外へ。




さながら、水族館のよう。



國府くんの手、素敵です。

ずっと見てしまうんだな。



「水中エンジン」國府 理 展

 アートスペース虹   〜6/3(日)まで

 http://art-space-niji.com/


「そしてこの展示プランは、とりもなおさず、

 先の地震における原子力発電所事故に着想を得たものである。

 冷やし続けなければ暴走してしまうエネルギーの存在、

 そして最先端と言われた科学技術で稼動させていたシステムを止めるものが

 唯一まったく私たちに身近な普通の水であるという事実、

 そして汚染された水を貯蔵するタンクが為すすべなく増えていく光景。

 それらのすべてが、そこから作り出されていたエネルギーの上に暮らしている

 私たちの日常感覚に与えた影響は計り知れない。」

 國府理 「水中エンジン」より


non

2012.01.16 Monday

女川高白浜布草履のこと

 

「ふさこちゃんにお土産」と、布草履をいただいた。
聞けば、宮城県でおばあちゃんたちがつくられている、とのこと。

3月11日。
津波によって跡形もなくなってしまった集落。
助かった命。でも生きていていいの?
仕事もなく、お荷物なのではないか?

そんなご婦人方に仕事を!と、サポーターズが立ち上がり
はじめてみたのが「布草履作り」。

全国から集まって来た古着のTシャツを裂いて、布草履を作りはじめて。
今ではデザインも腕も上がり、毎日の仕事は、おばあちゃんたちの生きる力!

「遠く離れていても、わたしたちの支援で誰かが元気になってくれている。」

関西圏に住んでいるわたしたちでもできる、取り組み。

わたしにも、できること。



*古いTシャツを集めてくださる方、
 高白浜草履組合の布草履とバッグを取り扱ってくださる方、
 下記、中尾さんまでご連絡お待ちしています。

*お問い合わせ先
 telavola@gmail.com  Teracoya 921 中尾さん


鳩サブレーも、ありがとう。草履毎日履いてますよー。

non
2011.12.09 Friday

まゆむしあかり展



本日9日より。

秩父は長瀞にて、まゆちゃんのあかり展はじまります。

まいにちまいにち、紙をはる。
せっせこせっせこ、ご主人のやすべえさんと。

和紙を幾重にもはり重ねてカタチをつくり出す技法。

師匠は、まゆちゃん。
弟子は、やすべえ。

ご近所さんのおふたりは
それはそれは、素敵なあかりを作ります。

長瀞にも一度行ってみたいなぁ。
ふむふむにも、ごあいさつせねば。

2011.12.05 Monday

りんご

この季節のオタノシミ。
いい香りの贈り物が届きました。

「いっぱい詰めれば、梱包材イラズ。」

こんな素敵な提案どおり、
箱にみっちり詰まった
りんご、りんご、りんご。

さぁ、ジャムつくるぞ〜!

smells so good from AOMORI.

non
2011.11.14 Monday

まめすずちゃん

 

秋、深まる11月。
奈良、まめすずちゃんへ。

主人は迷わず、きんつば。←大ファンなのです
わたしは、林檎のタルトをいただきました。

聞くと、林檎のタルトにはお砂糖一切入っていない!
林檎の甘みと、メープルシロップのみ、だそうで。

おいしい素材を惜しみなく使い
とっても丁寧なお菓子をつくる、まめすずちゃん。

とりわけ「まめ」がお好みなようで。

「ちょっと待ってね」って、2階へ上がって・・・


わっほーい!
いろんな「まめ」を見せてもらいました。

「これからは、まめの時代だと思います!」

固く握りしめた拳には、まめすずちゃんの熱い思いが。

うむ。
これは、なんとかせねば。

つづく。

non