プロフィール   こちょこちょのサイト   カテゴリー   これまでの記事   最近の記事   OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 手刺繍ワークショップ、終了しました | main | 秋冬ワークショプ in ごまろぐ >>
2016.09.13 Tuesday

しばにさんの「手仕事のキッチン工芸で遊ぶ・食す」WS、終了しました

土鍋や羽釜、すり鉢を使ったお料理WSが終了しました。

ご参加くださったみなさま、そして、長野からお越しくださった宮本しばにさん

目からウロコのWSを、ありがとうございました〜!

 

永きにわたり、料理皇室を続けて来られたしばにさんだからこそできる、

道具に焦点を当てた、おもしろい試みのWS。

 

しばにさんが選ぶ道具たちは、とても美しく、そして実用的。

胡麻を煎る焙烙にいたっては、なんとも可愛らしくて。

香ばしい胡麻が、ここから出てきます〜。

 

まずは、数種の塩を味比べ。

海塩、岩塩に加えて、めずらしい湖塩も。

「人は、4種類くらいしか、味の判断ができないからね。」と、しばにさん。

 

 

お気に入りの塩を見つけたら、いよいよおむすび握りますよー。

手につける塩は、2回。

「まずは、手のために。」てのひらに馴染ませます。

「次は、おむすびのために。」もう一度。

 

大きなおむすびや、まるっこいの、三角に、俵型。

作り慣れたおむすびは、その人自身。

十人十色の個性的なおむすびに、なんだかわくわくしました。

 

 

丁寧にお出汁をとって、

自分で選んだ塩でおむすびを作り。

いよいよ、いただきまーす!

 

・おむすび(羽釜で炊いたごはん)

・トマトの胡麻和え

・モロッコいんげんの胡麻和え

・精進だしのお味噌汁

・江戸の豆腐料理

 

 

 

今回は、禅寺の入れ子漆器椀「正法寺椀」を使ったWSでした。

「3皿で完結する食事で料理を楽に。」

3皿って少ない?いえいえ、充分です!!

佇まいといい、口当たりといい、なんとも気持ちのスーッとする器でした。

 

「正法寺椀」の詳細↓

http://studio482.theshop.jp/blog/2016/07/28/144324


 

「ふさこの保育室」も大活躍、たいへんお疲れさまでした。

 

482+の社長「テツオ」と「昆布男」も、遠路はるばる。

 

「この一皿が今の自分」

 

このしばにさんのことばに、いつもドキッとさせられます。

ばたばたと台所に立ち、一気に仕上げた夕飯の食卓を眺めてみて、

「これが、今の自分?」となること、しばしば。

 

丁寧に食事をつくる時間、そして、皆で味わう食卓。

 

だいどこ仕事を任されているお母さんの役割の大きさは、計り知れない!

 

でも、そこからすべては始まっているんだろうな、と。

 

いい仕事をしてくれる道具たちに身を委ねて、今日もがんばろっと。

 

non

 

宮本しばに主宰 「482+」

手仕事キッチン道具のオンラインショップ↓

http://www.shivaniiskitchen.com/

コメント
コメントする